育児を掘り下げてみる。

育児と子どもの衣食住について考える。

子どもにマーガリンは食べさせない。ーママの知るべき食材のはなし

 

f:id:tukm:20191101142622j:image

 

「マーガリンはプラスチック」

少し前、Twitterでこのワードのツイートが飛び交いました。

 

 ワイドショーや雑誌、新聞のコラムでもマーガリンの毒性が取り上げられ、 

 

「マーガリンが体に良くない」ことは、常識化しつつあります。

 

しかし、マーガリンの何が、どのように悪いか

ご存知の方は多くはないと思います。

 

マーガリンについて書籍・論文等で調べた結果、

マーガリンやショートニングといった

トランス脂肪酸は、やはり子どもには摂取させるべきではないという結論に至りました。

 

 今回は、そのトランス脂肪酸の子どもへの影響について書いていきたいと思います。

 

 

 

トランス脂肪酸とは?

 

 液体状の植物油を、水素添加という方法で、

固形状に変える時にうまれる物質です。

 

 マーガリンやショートニング、そしてこれら原材料に使用した食品に多く含まれます。

 

 トランス脂肪酸は、牛や羊など反芻動物の胃の中の微生物の働きによっても作られ、牛肉や牛乳等にも微量含まれていますが、反芻動物由来のトランス脂肪酸は健康への影響は低いと言われています。

 

しかし、マーガリンやショートニングのように人工的に作られたトランス脂肪酸は、健康に害を及ぼすという報告がされています。

 

 トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングだけではなく、調理用油(菜種油やサラダ油、大豆油、オリーブオイルなど)の高温加熱によっても発生します。

 

 つまり、「揚げ物」にもトランス脂肪酸が含まれるというわけです。

 

 

 

トランス脂肪酸が体に悪い理由

 

〇人間と油の関係

f:id:tukm:20191102104745j:image

人の細胞は、細胞膜という膜で覆われています。

この細胞膜は主にリン脂質という脂質で構成されており、膜の外と内を介した物質交換など、多彩な役割を担っています。

 

 このリン脂質は、図のように

頭(リン酸)に足が生えたような形をしており、

 

片足は「飽和脂肪酸

もう片足はくの字に曲がっている「不飽和脂肪酸」で構成されています。

 

不飽和脂肪酸

オメガ3、オメガ6、オメガ9に分けられますが

このうち

オメガ9と、飽和脂肪酸は食品から摂取しなくても、人体は自分の体で合成することができますが、

 

オメガ3と、オメガ6は体の中で合成できないため、必ず食品から摂取しなければならない必須脂肪酸です。

 

f:id:tukm:20191102231920p:image

 

オメガ6、オメガ3を食品から摂取し、

不飽和脂肪酸の3つのバランスがとれた状態で細胞膜は膜としての役割を正常に果たすことができますが

 

必須脂肪酸が不足すると、リン脂質の形状や性質が偏り、細胞膜としての役割を果たせなくなってしまい、身体のあらゆる部位でトラブルがおこってしまいます。

 〇トランス脂肪酸が悪影響を及ぼすしくみ

 

 トランス脂肪酸を含む食品が消化・吸収されると、

 

トランス脂肪酸が細胞膜のリン脂質の中に入り込み、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の代わりにリン脂質の足になり、細胞膜は機能を果たすことができなくなります。

 

トランス脂肪酸が及ぼす悪影響

〇感情や行動、記憶力に悪影響

・米研究では、トランス脂肪酸摂取量が多い人ほど怒りっぽく、攻撃性・興奮性が高いという結果がでている。

 

・米研究で、トランス脂肪酸摂取量が増加するほど、ネガティブな感情が強まるという結果がでている。

 

トランス脂肪酸摂取量が増えるほど、記憶力が低下する(実験にて思い出せる単語の数が少なくなっていた)という研究結果もある。

 

・(ラットの実験)トランス脂肪酸を慢性的に摂取することで、衝動性多動性を誘発させるという報告もある。

 

 脳は「最も油の多い臓器」であり、その約65%が脂質で構成されています。

 食品から摂取した、トランス脂肪酸などの悪い油が、脳の細胞膜へ入り込めば、正常な細胞のひての機能を奪うことになります。

 記憶力や、感情、思考といった「脳のはたらき」にも影響がでてしまうことは容易に想像することができますね。

 

〇妊娠・出産へ悪影響

 

・米研究で、トランス脂肪酸を多く(食事の総カロリーの2%)摂取した女性は、炭水化物から摂取する場合より、排卵不妊を発症するリスクが7割以上高まっていたという結果がある。

同じく男性でも、精子減少がみられた。

 

・母体のトランス脂肪酸は、胎盤を通過して胎児へ移行するということがわかっている。

トランス脂肪酸摂取量の多い女性では、妊娠高血圧症候群や流産、死産のリスクも高いということが報告されている。

 

〇さまざまな病気を引き起こす

 

 トランス脂肪酸は冠動脈疾患のリスクを高めるとか、心臓病になるというハナシは、有名ですが、

うつや認知症、がんもトランス脂肪酸との関連が示されています。

 

子どもは特に影響を受けやすい

 小さな子どもの体の特性として、

化学物質など有害物質を消化吸収しやすく

代謝・排泄する能力は低いということがあります。

故に、トランス脂肪酸など人体に悪影響のある油の影響も受けやすいのです。

 

 また、3歳ころまでは、脳の発育、発達が不完全で、

脳のバリアである「血液脳関門」(脳に悪いものが入らないようにする、ざるみたいなもの)の働きも不完全であるため、脳への影響が強くでます。

 

脆弱な子どもだからこそ、食べるものの質、何を食べるのかということは、

親である私たちが、十分に気をつけてあげなければならないのです。

どれくらいなら摂取しても大丈夫?

  トランス脂肪酸は有害な為、

ゼロがベストです。

 

世界保健機関(WHO)も、トランス脂肪酸を排除するよう呼びかけ

 

 WHOは、2018年に「5年以内に世界全体でトランス脂肪酸を完全排除する」と呼びかけました。

 

〇世界各国でトランス脂肪酸対策は行われている

 

 米国では、2018年6月よりアメリカ食品医薬品局FDA)が規制をスタートしました。

 カナダでも、トランス脂肪酸を含む食品の輸入や製造を禁止しました。

 

 他外国諸国では、トランス脂肪酸の規制措置実施ないし、含有量の義務付けが行われています。

 

〇日本では、表示義務も含有量規制もなし。

 諸外国がトランス脂肪酸に対する規制を強める中、日本は表示義務も含有量規制もありません。

 

 農林水産省は摂取量について次のように勧告しています。

トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%に相当する量よりも少なくするよう勧告をしています。日本人が1日にとるエネルギー量の平均は約1,900 kcalであり、この1%に相当するトランス脂肪酸の量は約2グラムです。

引用元:http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/index.html#8

 

 同時にトランス脂肪酸について、

日本人の多くは、エネルギー比1%以下の摂取しかしていないため、健康への影響を評価できるレベルを下回っているため、通常の食事ではトランス脂肪酸による影響は小さい

と結論づけています。

 

確かにアメリカ人に比べると、トランス脂肪酸の摂取量は低く、

日本人の平均摂取エネルギー比は0.3から0.4%程度ですが、少ないから大丈夫とは決して言いきれません。

 

 特に子どもは、前述の通り、脆弱である上に、体も小さいため少量のトランス脂肪酸で影響を受けます。ゼロがベストなのです。

 

様々な食品に含まれるトランス脂肪酸

 

 スーパーで売っている食パンや惣菜パン、菓子パンには必ずといって良い程トランス脂肪酸が含まれています。

 

 特に菓子パンでは、トランス脂肪酸がら1g以上含まれるものもあります。

 

 クッキーやチョコレート、冷凍食品にも。

そしてまさかのベビー用のお菓子にも。

f:id:tukm:20191103235536j:image
f:id:tukm:20191103235539j:image

 とはいっても、子どもはお菓子大好きですから・・・

楽しみ程度に、たまに少量食べる程度ならば良いとは思います。

 

 揚げ物にもトランス脂肪酸が含まれており、

 

「それじゃ何も食べられないじゃん・・・」と思ってしまいますが、

自宅で調理する分には、高リスクの調理法や油を避ければよいのです。

油の選び方については、次回解説しますが・・・

 

マーガリンやショートニングの使用は避け、

 

またそれらを含む食品もなるべく取り過ぎないようにすることをおすすめします。

 

 

 繰り返しになりますが、特に、子どもについては、有害物質の影響を受けやすいため

親であるお父さんお母さんが気をつけてあげてください。

 

 

 

 

 

〇企業の努力

 

ここまでマーガリンの有害性を述べてきましたが、企業も改善の努力をしています。

 

 米国のトランス脂肪酸規制を受けて、日本の企業もトランス脂肪酸軽減に取り組んでおり、

 

マーガリンも部分水添加油脂不使用のものも増えています。

f:id:tukm:20191104072333j:image

 

雪印ネオソフトでは、

トランス脂肪酸の含有量は0.08g/商品10g。

バター風味〜のシリーズでは0.1g/商品10g

まで抑えられています。

 

雪印の同商品では

2004年時点でのトランス脂肪酸含有量は、

0.8g/商品10gでしたので

含有量は1/10まで削減されています。

 

とはいえ、マーガリンを塗るパンにも

トランス脂肪酸が含まれているわけですから

多量に摂取したり、毎日食べたりすることは避けたいですね。

 

おわりに

マーガリンやショートニング、それらを含む食品には注意しよう!

 

仕事をしていると特に、朝はバタバタ。

朝ごはんは買ってきたパンや

食パンにマーガリンがやはり楽ですが、

毎朝慢性的に子どもに食べさせるのは避けた方が良さそうです。

 

せめて2、3日に1回はご飯にするとか、

 

朝パンを食べさせたら、お菓子は与えないとか

ストレスの無い程度で、気を使っていけるといいと思います。

 

 

 次回は、子どものために調理にはどんな油を使えば良いのか書いていきたいと思います。

 

参考文献:山田豊文『トランス脂肪酸から子どもを守る』共栄書房,2019

山内康生『食品中のトランス脂肪酸』,MilkScience,2008